コラム

トップ > コラム

コラム

4月 14 2016

■ 管理部のお役目は?

・各社ごとに詳細は多少異なるのでしょうが,商品先物取引業者には,きまって営業を担当する部署と,営業部署の行き過ぎがないかチェックする部署があります。先物取引業者には,口座開設時や投資可能資金額の増額の際に,顧客の資力・資金の適格性(適合性)を審査する管理部と,一般的な会社にもあるようなコンプライアンス体制を作って守らせてゆく部署があります。

・管理部が,適合性審査を形骸化させていて,営業の違法勧誘を助長していたような場合には,管理部担当の従業員であっても,適合性原則違反を認めた判決として名古屋地方裁判所平成24年5月31日判決があります。
同判決は,いわく,「被告Tの上記調査は,①Aが申告した流動資産に客観的な裏付けがあるか否かを調査することなく,面談時の主観に頼った判断をするにとどまっていた点,②AがN商品との取引により被っていた損失の規模(本件取引開始当時,既に約1656万円)とAの自己資金との関係を吟味しなかった点において,不十分であったといわざるを得ない。」「被告Tは,本件取引開始当時,被告会社の管理部の責任者であったところ,Aと直接に面談して資産の調査を実際に行った者であり,本件委員会の審査も被告Tの調査結果を踏まえて行われていたことは前記認定のとおりである。このように,被告Tは,Aに対して取引の勧誘と受託を行った者ではないものの,本件取引の継続につき直接の影響を与えた者であり,その判断に基づいて本件取引が継続されたと評価し得ることからすると,被告Tについても,適合性原則違反にかかる不法行為責任が生じるものというべきである」と,管理部の責任者に対し,取引の継続について直接の影響を与えたことを根拠に,適合性原則違反の責任を認定しています。

・また,商品先物取引業者の社内規則には,管理部の職務,権限として,顧客の適合性審査に留まらず,営業の法令,諸規則の遵守の指導,監督や,顧客の取引内容の分析,取引内容に異常な兆候が認められた場合に適切な措置をとることなどがうたわれています。このように商品先物業者の管理部には,顧客の取引内容や資金力などを観察し,営業の行き過ぎを防止する役割が期待されているのだといえます。

・このコラムでも紹介しました,力強く値上がりしている相場状況が長らく続いているのに,売を放置して,売を決済するまでの間に,利益の少ない建て落ちを短期間に繰り返し行わせる営業を放置した管理部は,明らかな因果玉の放置と頻回売買をチェックすべき立場にいながら,それをしなかったのですから,職務懈怠といえるでしょう?


« »
©2015 Makino Law Office. All rights reserved.