コラム

トップ > コラム

コラム

3月 24 2016

■ 期先の上昇幅が期近よりも大となる理由

・さて,平成19年~20年にかけての穀物相場は概して値上がり基調だったことは前々回までに解説しました。では,期先と期近では,どちらの値上がりの方が勢いがあったか?ヒントは,すでに当コラムに出かかっています。

・そう,先物の理論価格として紹介したように,商品の保管等にかかるコストの影響です。具体的には,平成19年当時は,OPECが減産し,原油が高騰し,ガソリンや灯油が,とても値上がりしていました。当然,米国のシカゴで取引され船積みされて日本の港に到着するまでに,ばら積み船が消費する燃料(重油)も高騰していたのです。

・船賃が高騰している最中では,東京穀物取引所で取引される穀物価格も,次のグラフのように,平成20年1月ころから期近よりも期先の方が高値になる現象がおきます。そして,同年2月にはいると,明らかに期先が著しく高くなります。

東京トウモロコシ

・ちなみに,同時期のシカゴの相場では,期先の上昇幅が期近の上昇幅より大きくなるという現象は起きていません。

CBOTトウモロコシ

・このように,原油高を背景として,期近よりも期先の値上がり幅が大きくなった相場状況では,サヤ取り(スプレッド)をするなら,「期先を買って,期近を売る」のが合理的です。ところが,2月19日のコラムの【次の次の図】のように,逆に,「期先を売って,期近を買う」ようにと勧めてくる業者がいたのです。


« »
©2015 Makino Law Office. All rights reserved.