コラム

トップ > コラム

コラム

2月 26 2016

■ 小麦ととうもろこしと大豆の価格の関係は?

・タイトルに掲げた農産物は,いずれも国際商品であり,相場の指標を形成しているのは,米国のシカゴ商品取引所(Chicago Board of Trade)です。そこでは,主に米国産の穀物が取引されています。

・小麦やとうもろこし,大豆の産地は,米国の中西部に広がる穀倉地帯であり,農地の開発は終わってますから,一定の農地面積を,競合する作物で配分していると考えてもよいでしょう。そして,農地を何の作付に割り当てるかは,年によって変動があります。

・農家が今年は何を作付けしようかと考えるとき,儲けが気になりますよね?
今では,米国シェールガス開発の進展後の過剰供給や,サウジアラビアの財政難を背景とした原油産出量の維持,イランの制裁解除による原油輸出量の増加など,原油価格が低迷していますので,想像し難いことかも知れませんが,平成19年当時は,原油価格は高騰し,シェールガス開発も進展しておらず,むしろ環境保護の観点から,米国は,バイオエタノールの使用量を法律で数値目標を定めようとしていた時期でもありました。
そのような社会情勢の中,例えば,バイオエタノール需要が伸びて,高値でとうもろこしが売れると思えば,とうもろこし農家が増えます。すると,大豆や小麦を作付けする農家が減り,その年の大豆や小麦の生産が減少します。商品が少なくなれば,高い値段であっても買いたいという人が出てきますので,大豆や小麦の値段も上がります。逆に,とうもろこしが生産過剰で安くしか売れなくなってくれば,小麦や大豆を作ろうという農家の動きにつながります。

・要は,農家にとって強い動機がある作物が作付面積を拡大し,そのほかの作物は追いやられる。そのため,不作・豊作を無視しても,追いやられた作物は数が少なくなるから値上がりする傾向がある,ということがいえます。

・こうした需給バランス,とくに在庫量が,CBOTでの先物価格形成に影響を及ぼしています。なお,米国農務省は穀物等需給報告を毎月発表していますし,わが国の農林水産省も,毎月,米国農務省の穀物等需給報告に解説を加えて公表しています。N本経済新聞でも,米国穀物需給報告は毎月10日前後に掲載されています。


« »
©2015 Makino Law Office. All rights reserved.