コラム

トップ > コラム

コラム

11月 26 2019

■ 利回り曲線(Yield curve)とは

・ 満期までの期間ごとに金利(利率)がどのようになっているのか,実際に観察してみます。財務省は,国債の金利情報を公表しています。本年11月25日の金利(利回り)を縦軸にとり,満期までの年限(期間)を横軸にとって,グラフ化すると図1のようになりました。
(図1)
利回り1

・ 上のグラフ(図1)から分かるように,期間10年までの利回りはマイナス圏を推移して,その後の期間の部分(期間10年から40年)で緩やかにカーブを描いて上昇しています。この長期金利が短期金利を上回り,利回り曲線(イールド・カーブ)が右上がりとなっている状態を順イールドといいます。将来的に金利が上昇すると考えられれば,順イールドになります。逆に,将来的に金利が下落すると考えられれば,逆イールド(短期金利が長期金利を上回り、イールド・カーブが右下がりの曲線)になります。

・ ちなみに,マイナス金利となっていない外国ではどうでしょうか? 例えば,本年11月25日のオーストラリアの国債の利回りについて調べ,グラフ化してみると図2のようになりました。期間3年までは利回りは下落(先安感)していますが,その後は上昇に転じていました。
(図2)

利回り2

・ 債券の途中売却価格は,大きくは将来の金利予想を反映しているといえます。国債の利回りを観察することで,機関投資家(プロ投資家)の将来予想をうかがい知ることができそうです。


« »
©2015 Makino Law Office. All rights reserved.