コラム

トップ > コラム

コラム

8月 24 2017

■ オプション・プレミアムの跳ね上がり方(ファット・テールのその時に…オプション取引に関する専門的な基礎知識③)

・前回,前々回と当コラムでは,急激な相場下落が数年に一度ほぼ確実に発生するであろうことを解説しました。今回は,そうした急激な株価下落のときに,オプション・プレミアムがどのように変化するかについて焦点を当ててみたいと思います。

・オプションの代金(プレミアム)は,当コラムでも解説しているとおり,理論的には,本質的価値と時間価値とで説明されます。しかし,実際の取引では,理論価格を参照しながらも,一般の商品と同じく,需給・人気によって値が決まります。

・そこで,実勢株価から遠く離れたディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのオプションは,普段は1単位あたり数円~数10円の低い値段しかつきません。しかし,大きな相場変動が発生すると,100倍~300倍程度に値段が跳ね上がるのです。

・実際を見てみましょう。

(図1)

2007プット行使価格別

・上の図1は,平成19年9月限の日経225オプション取引の実際のプレミアムの推移を表したものです。アト・ザ・マネー・に近い行使価格1万7000円や1万5000円のオプションでは,プレミアムの跳ね上がり方は,5倍~10倍くらいです(グラフ左軸目盛)。ところが,平成19年7月終わりに1単位1円をつけていた行使価格1万2000円のオプションは,なんと8月17日には1単位100円をつけ,100倍にまで跳ね上がっているのです。

・1円が100円に化けたとはスケール感が涌かないかも知れませんが,1単位1円~数十円のクズオプションを売って,SQにはどうせ権利放棄されるだろうと思っていると,相場の急激な下落により(行使価格を突き抜けて実勢相場が下落すると),クズオプションの本質的価値が急激に大きくなって追証請求を受けることになります。そうなると,追証を翌営業日の正午までに入金しないといけなくなり,追証を入れずに決済しようとしても,受け取ったプレミアムの10倍~100倍を出さないと決済(買戻)できないという事態に陥ります。

・こうしたプレミアムの急変(アト・ザ・マネー近辺よりもアト・ザ・マネーより遠い方が変化の倍率は大きい)は,次の図2や図3のとおり,数年に一度発生しています。

(図2)

2008プット行使価格別

(図3)

2011年プット行使価格別1

・このように,ファット・テールと呼ばれる状況になると,アウト・オブ・ザ・マネーのオプションの価格(プレミアム)は,とても大きく跳ね上がるのです。こうしたオプションの価格変動の特性を,あなたが取引を始める前に教えてもらいましたか?


«
©2015 Makino Law Office. All rights reserved.