コラム

トップ > コラム

コラム

8月 16 2017

■ オプション取引に関する専門的な基礎知識①(株価の大きな騰落と発生頻度)

・しばらく中断しておりましたが,ここ半年の研究成果を踏まえ,当コラム「オプションシリーズ」を再開いたします。

 

・個別株式オプションは,大阪証券取引所に上場市場があるものの,クイックの画面を見学に行った際や,ネット取引口座のオプション取引のイタ画面を見学した際には,日中,ほとんど動きがありませんでした。取引はあまり活発でないという印象でした。

 

・他方で,現在,取り組んでいるオプション取引の事件は,日経225株式指数オプションです。過去の裁判例にも,ときどき登場するほど,裁判では,マイナーながらも,一定数の事件はあるようです。

 

・日経225オプションの原資産である日経平均株価の動きから見てみましょう。

下に表したグラフは,平成19年1月から平成23年4月の日経平均株価の終値の推移と,終値ベースの1営業日あたりの騰落(幅)です。

 

日経225変動幅

・グラフに緑色で示した日経平均の株価の動きは,平成19年7月頃までは1万8000円前後でしたが,平成19年8月に急落(パリバ・ショック),その後,平成20年春にかけてズルズルと下がり(サブ・プライム・ローン問題),一時盛り返すも,平成20年10月に急落し(リーマン・ブラザーズ倒産)8000円を割り込んだが,平成21年春頃からは,10月のギリシャ・ショック,11月のドバイ・ショックなど紆余曲折はありながらも徐々に回復し,平成23年3月の東日本大震災による急落を迎えたことを示しています。このグラフによって,歴史的事実に対し,市場がどのような反応を示してきたか,が分かります。

 

・大きな株価の推移は,上記グラフのようなものだとして,1営業日に動く相場変動の激しさは,どうでしょうか? 数値的には,「ボラティリティー」と表現される値の動きのことです。

 

・実際には,上のグラフに赤色で示したような動きであり,平成19年8月17日には▲874円,平成20年10月16日には▲1089円,平成23年3月15日には▲1015円と,前日終値に比べて大きく下落したことが分かります。

 

・こうした人の心理を反映した急激な相場の下落は,上昇する期間のエネルギーの蓄積とそのエネルギーの突然の短期間の解放です。地震が発生するメカニズムに似ているのです。エネルギーを蓄積させるきっかけが,限界(値)に達して,崩落する状況と理解できます。この突然の下落は,数年に一度の割合で発生しています。


« »
©2015 Makino Law Office. All rights reserved.