コラム

トップ > コラム

コラム

2021年5月

5月 25 2021

■ バブルってどういうこと?

・ バブル経済などと表現される“バブル”は,「泡」という意味で,実態の価値以上の評価(泡の部分)が生じている経済状態のことをいいます。株式などの値段も,人気が集中して,発行企業の実力以上の評価・値段となってくると,バブルと言われます。

“バブル”は、経済学的には、理論的に正当化される水準を超えて、株式や不動産などの資産価格が大幅に上昇することと言われています。株でいうならば、ファンダメンタルズを中心に測ったその株のあるべき価格よりも、人々の人気が集中し過ぎて、ずっと高値で取引されている状態ということです。こうした“バブル”そのものは、人々の期待や不安を背景にしていますから、常に、生じては消えていきます。

・ 書物から得た知識ですが,世の中に金余りがあり,誰もがもっと値上がりすると思っていて,株価が数年で3倍,4倍となっていれば,バブル爛熟期ではないでしょうか。いつ,何がきっかけで,人々の気持ちが反転するのかは誰にも分かりません。しかし,バブルの形成・成長・崩壊のどの過程に位置するのか,長い目でみて、現在値がどのくらいのところに位置しているかにも,目配りした方がよいのかも知れません。


5月 06 2021

■ 株価は人気投票?

・ チャート分析やファンダメンタルズ分析、あるいは、その会社が手がける新製品や事業分野についての成長見込みといった直感的な判断によって、「この株がよい。」と思った株式が思惑どおりに値上がりするかどうかは、他にもその株を欲しがる人がいるかどうかにかかってきます(需給要因)。こうしたことから、株式投資は、一般に、人気投票に喩えられます。ある意味、経済情勢の見通しと、株式を発行する会社の魅力がどの程度なのか、といった「先読み」の世界になります。

・ 市場に参加する人みんなが、「これは将来性がある」と思って、買いに動いたら、値段は需給で決まりますので、たとえ、その会社の実力以上であっても、株価は上昇することになります。この「読みをはずした」場合、しっかりした会社では、景気サイクルといった、どうしても避けられない浮き沈みはありますが、株式が紙切れになってしまうようなことは少ないといえます。逆に、上場後日が浅い会社では、投資家の「人気」が先行している場合だってあります。


©2015 Makino Law Office. All rights reserved.