コラム

トップ > コラム

コラム

11月 10th, 2019

11月 10 2019

■ 為替相場に関する考え方

・ さて,理論価格つながりで,将来の為替相場の決定理論を一つ紹介します。かつて銀行と中小企業との間の契約で問題となった為替スワップや,ゼロコスト・オプション,為替の動きを参照する仕組債にも関係します。

・ それは,金利平価(きんり へいか)です。為替裁定(かわせ さいてい)といわれることもあります。平たくいえば,同じ期間で比べれば,それぞれの国の「金利で運用した結果,将来の通貨額は,価値が等しくなる筈だ」というものです。これをあてはめれば,超低金利政策がとられているわが国では,どの外国通貨と比べても,将来の為替は円高に偏る,というのが理論上の帰結となります。

・ 年1%の金利であるA国(日本)と,年5%の金利であるB国(米国)とを想定します。現在,1米ドル=100円と仮定すると,今現在の1万円は,年1%の複利運用の結果,10年後には,1万1046円になります。 他方で,年5%の複利運用の結果,現在の1万円に相当する100ドルは10年後には,162.88ドルになります。

金利平価

・ お金の額面(価格)の増え方は,金利によって,このように違いがでます。しかし,そのお金の価値は同じ筈なので,将来のある時期までの金利による運用の結果の額面額は,為替相場として均衡する筈です。 そうすると,各年までの運用の結果の元利合計で,1ドルあたりの円がいくら必要かという為替換算をすれば,フォワード・レートが導けます。

・ これはあくまで理論的帰結ですから,実際の相場は,需給など様々な要因の影響もあり,この帰結どおりにはなりません。しかし,こうした将来の為替の決定理論が,多くのデリバティブの解説書で取り上げられていることからすると,デリバティブ商品を取り扱う銀行や証券会社では,こうした理論価格を,将来の為替予測の参考にしているのだと思われます。


©2015 Makino Law Office. All rights reserved.